「竹久夢二 本からはじまるメッセージ 展」2016年9月30日から

2016年09月29日更新

お気に入りに追加

「竹久夢二 本からはじまるメッセージ 展」2016年9月30日から

芸術の秋です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 108  0

「竹久夢二 本からはじまるメッセージ 展」

詩人とブックデザイナー、二つの顔を持つ竹久夢二の展示が9/30から始まります。

竹久夢二は、大正から昭和初期にかけて活躍した画家で、作家の書籍を数多く装幀すると同時に、自身も著書を出版して個性溢れる意匠で本を彩り、ブックデザイナーとして才能を発揮した人物。また、詩人としても魅力溢れる存在であり、絵画作品と同様にロマンチックな情趣に満ちた夢二の詩歌は、著書で編んだ詩集や少女向けの雑誌などでも親しまれた。 ブックデザイナーとして、そして詩人として、2つの顔をもつ竹久夢二。本展では、その双方に注目し、彼の美の世界とメッセージに迫る。

出典: 「竹久夢二 本からはじまるメッセージ 展」ブックデザイナー&詩人、夢二の2つの顔に迫る | ニュース - ファッションプレス

夢二は、画家の仕事と並行しブックデザイナーとして『夜の露台』など自身の著書をはじめ、『お伽パラダイス』や『地獄』など300冊以上の書物装幀を手掛けた。表紙・函・見返し・扉……数々の意匠を手掛け、本の美しさを追求した彼の作品から100点を紹介する。

出典: 「竹久夢二 本からはじまるメッセージ 展」ブックデザイナー&詩人、夢二の2つの顔に迫る | ニュース - ファッションプレス

一方、詩人としての夢二の作品からは80点を展示。乙女向けに書かれた『見知らぬ人へ』は、詩と挿絵のどちらもが雑誌『少女世界』に寄稿された作品だ。“詩人画家” として詩と絵を融合した彼の独自の世界が感じられるだろう。そのほか、流行歌として広く知られたセノオ楽譜「宵待草」、雑誌『婦人グラフ』に掲載された『山・山・山』なども並ぶ。

出典: 「竹久夢二 本からはじまるメッセージ 展」ブックデザイナー&詩人、夢二の2つの顔に迫る | ニュース - ファッションプレス

【開催概要】 竹久夢二 本からはじまるメッセージ 展~ブックデザイナー&詩人の顔に迫る ~ 会場:竹久夢二美術館 住所:東京都文京区弥生2-4-2 TEL:03-5689-0462 会期:2016年9月30日(金)~12月25日(日) 休館日:月曜日 ※ただし10/10(祝・月)開館、翌11日(火)休館 開館時間:10:00~17:00※入館は16:30まで。 入館料 一般 900円、大・高生 800円、中・小生 400円 ※弥生美術館と併せて観覧可能。 ※20名様以上で100円割引。

ランキング

最近注目されているランキング